英語偏差値40ぐらいの友人と外国人ナンパしてきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

外国人

スポンサーリンク

みなさんお久しぶりです、一昨日から息子にニキビができて痛いまんぞくんです。

ここのところ大学のテスト期間で課題とテストに死ぬほど追われて更新できていませんでした。それもようやく終了したのでまた更新を再開しようと思います。あ、それと実は私、4月から一年間大学を休学することにしました。詳細はまた別の記事でお話します!


さて、本題に入りましょう。

私には中学からの親友がいるのですが、彼をT君と呼ぶことにしましょう。T君とは中学が同じなだけで、それぞれ違う高校に進学し、彼は高校卒業後に就職をし、私は大学に進学しました。ところが彼は去年の年末に仕事をやめて、保育士になるための専門学校に今年から通うそうです。

そんなT君、ものすごくバカです。ここでいうバカというのは、勉強ができないというようなことではありません。彼はピュアなのです。どうピュアなのかというと、キャバ嬢に本気で恋をしてしまったり、ナンパで知り合った女の子にATM扱いされているのをわかっているにも関わらずついカッコつけてご飯を奢ったり、プレゼントを買ってあげちゃうような、そんな男なのです。

T君はピュアなので他人にも影響されやすいです。ある時、私が彼と新宿の歩いていた時に外国人に声を掛けられ、私が英語で対応していると彼は、

「すげえ!!!!!!!」

みたいな感動を露わにした眼差しでこちらを見つめてきて、それから彼は「俺もお前みたいに英語喋れるようになりたい!」と意気込んで英語の勉強を始めるようになったのです。

それからしばらく経ったある日、彼が「来週の土曜空いてる?」と聞いてきたので、空いてると伝えると彼は、

「外国人ナンパしよ!!!!!」

と言ってきました。どうやら彼は外国人の友人を作って英語の練習をしたいようで、一人だと不安だから私にもついてきてほしいということでした。「そんなんめちゃおもろそうやないかい!!!」ということで二つ返事でオーケーし、その週の金曜日に計画を実行することに。

というわけで、先々週の金曜日に我らが地元横浜の街に二人で突撃したわけです。

まずはウォーミングアップ

16時に横浜に集合し、まずは二人で飲みに行こうとその時間帯でもやっていた一軒め酒場にイン。

一軒め酒場

出典:ヒトサラ 一軒め酒場

彼は緊張して話せないかも…と言ってビールをガバガバ飲んでいました。早い時間から飲むビール最高

1時間ぐらい飲んでほろ酔いになったところで店を後にし、外国人探しスタート!

…と、思ったのですが…

外国人居ねえ!!!!!!

どうすんのこれ

T君
わからん…
どうすればいい?

俺に聞くなよw

T君
とりあえずもう少し歩き回るか

外国人発見!ところが…

時刻はもう18時。そろそろ華金の横浜が賑わいを見せる頃です。

人が増えることを期待してそれから30分ぐらい歩き続けていると、目の前に店から出てきた外国人二人組を発見!

おい!あれ行くしかないぞ!

T君
あわわわわわああ

おい、何緊張してんだよ!
早くしないと行っちゃうぞ!

T君
うわああああああああ



T君、二人組めがけて特攻。後ろについていく私。

T君
Hi! I want to speak English, but I can’t speak English very well!
(ドモ!ワタシ エイゴ ハナシタイ。デモ ウマクナイ!)

外国人A
Okay…?
(ほーん、そんで?)
T君
Let’s drink together!
(イッショニ ノモウ!)
急すぎ!!!!!!
外国人A
Hahaha, that sounds nice, but we gotta go home.
(良さげだけどもう帰るわw)

まだ19時前なのに絶対ウソだな…
T君
プリーズ!プリーズ!
外国人A
Sorry~. Good luck guys.
(ごめんちゃーい、まあがんばれよw)
外国人B
You guys are so funny. HAHAHA. Bye.
(お前らオモロいなーwじゃあねw)

・・・・・・・

スポンサーリンク

・・・・・・・

絶望

出典:アンサイクロペディア

作戦変更。HUBに突撃することに

この感じだと道端で引き止めるの無理かもしれない

T君
HUBいかね?あそこなら外国人結構いるでしょ

いやーあそこはなあ…

T君
いーじゃん。他にどうしようもないし

まあ、それもそうか

HUBの入り口

HUBというのはブリティッシュパブ風のバーで、カウンターでドリンクを頼んで好きな席に座って、スポーツ観戦を楽しみながら酒を飲めるというのがコンセプトの場所なのですが、その実、外国人が大好きな日本人女と日本人とやりたい外国人男がそれぞれの欲望を露わにしながら酒を飲むナンパの聖地としても知られているのです。あ、外国人に限らず日本人男が日本人女をナンパしてることもあります。ちなみに私も一度大学の友人と吉祥寺のHUBで40歳のおばさん二人組をナンパして朝まで遊んだ経験があります。その話はまた今度…。

ということで、私がここでHUBに行くのを渋ったのは、HUBにいる外国人はたいていナンパ目的のため、男二人組が話しかけたところでまともに取り合ってくれないだろうと考えたからでした。ただ、他に手段もないので私とT君はHUBに行くことに。横浜には鶴屋町店と西口店、二軒あるのですが、私たちは少し狭い方の西口店に向かいました。

店内に入り、お酒を頼むと私たちはとりあえず全体を見渡せる奥の席に座りました。店内は19時というピークの時間帯のため結構賑わっていました。

人多いな。てか外国人中央のとこに一組いるだけだな

T君
そうだなー、話しかけてみる?

あの外国人たち男だしナンパ目的だと思うよ…

T君
女の人くるまで待ってみるか

と、そうしてテレビから流れるサッカー中継を見ながら女性の外国人が来るのを待っていたのですが、一向に現れない

そうこうしているとなんと、先ほど中央のテーブルにいた外国人が隣のテーブルにいた日本人女グループを同じテーブルに座らせているじゃないですか!!!!!!(青い線で囲った部分を御覧ください)

いちゃつく外国人と日本人女

ほらな…やっぱりこうなった

おい、見てみ、あそこ

T君
ん?うわーーーーなんかいちゃついてるじゃん何あいつら!!
しかも男かっこよくないし!女もブス!

ほんとだよな。男も女もお互い何が良いんだか…

と嫉妬心丸出しの醜い会話を繰り広げ、私たちは諦めてHUBを出ることにしたのでした…。

なんだかんだで満足げなT君

外国人全然いないし無理そうだなあ。どうする?

T君
俺ね−、正直結構満足したw

え、なんで?

T君
HUB行く前に二人組と話せたじゃん?
あれで会話通じたのが嬉しかったからもういいやw

…
鍋でも食って帰るか…
T君
おう!(満面の笑み)

こうして私たちはなんの成果も上げることなく、おいしいモツ鍋を平らげて帰宅したのでした。

ちなみに、モツ鍋うまかったけど、シメに雑炊にしようと思って豚バラライスってのがあったから「お!豚バラとライスセットになってるとかサイコーじゃん!」と思って頼んだら、メニューの表記ミスで豚バラライスでした。ただの馬鹿ですね。

表記ミスのメニュー

(またそのうちリベンジします)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
PC左のアドセンスコード
PC右のアドセンスコード