【難関大学志望者】英語偏差値80超えだった私が受験生の時に使ったおすすめの英語参考書を全て紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

アルファベットの形をしたクッキーで"ENGLISH"

スポンサーリンク

ヘローエブリワン、アイムまんぞくん。

センター試験も終わり、国公立二次試験本番の日が迫ってきて、いよいよ受験生のみなさんもラストスパートで頑張りどきだと思います。私立組も国立組も残り数十日頑張ればその後4年間全く勉強しなくて良い世界が待ってますよ!がんばれ!(文系に限る)

そんなタイミングになぜこんな記事を書くかというと、4月から新三年になる高校生の人、もしくは浪人生に、早いうちから英語の対策をしてほしいと思ったからです。

英語は文系理系問わず、どちらにとっても重要な教科です。英語を制すものは受験を制す。ということで今回は、英語が得意科目だった私が、受験生時代に使用した英語の参考書を種類別に分けて徹底的にご紹介しようと思います。主に難関大学(マーチ早慶上智その他上位国立大学)を目指す方向けの記事となります。

ちなみにどれぐらい英語が得意だったかというと、外国人に最寄りのトイレを的確に教えられるぐらい得意でした。すいません冗談です。目安としては、一番厳しめに数値が出ると言われる駿台模試の英語偏差値が毎回70超えてたぐらいです。進研ゼミのやつだと80とかも叩き出してました。受験した早稲田の国際教養学部と立教の異文化コミュニケーション学部はどちらも受かりました。他の私立は受けていないので実質の全勝です。

私は塾に通ったことがないので、参考書のみで受験を乗り切ってきた人間です。なので、これから紹介する参考書は自信を持って難関大学を目指すみなさんにオススメできます。

今回ばかりはいつもふざけてる私も真面目に書きます。ではさっそく参りましょう。

※文法本は省略しました。フォレストでもネクステでもアップグレードでもなんでも良いと思っているからです。自分は学校で配られていたアップグレードを使っていました。

単語帳

単語帳に関して、最初に伝えておかなければならないことがあります。それは、基本的になんでもいいということです。基本的にどの単語帳でも大きな差異は無いと思いますし、大学受験の単語をある程度カバーしているものであればなんでも良いとは思います。それから、難関私大が第一志望の人も、単語帳は何冊もやる必要はないと個人的に思っています。1冊完璧に仕上げたらあとは英語読んでいく中でわかんない単語を拾ってけばいいというのが私の考えです。ただ、自分が使っていた単語帳は個人的にすごく勧められるものだったので紹介しておこうと思います。

システム英単語(駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)
刀祢 雅彦 霜 康司
駿台文庫
売り上げランキング: 284

と、これからわかるように主に国公立志望者向けの内容となってます。それは記述式の設問が多くあるからですが、英語の長文を的確に素早く把握する能力を身につける上で、私立受験者にとっても有益な参考書だと思います。私が使用したのは700と1000なので、それを考慮に入れて読んでください。

【良い点】

  • 実際に大学の入試試験として使われた問題が掲載されているので信頼できる
  • 設問の種類がバラエティに富む。和訳や空欄補充、内容一致など様々。
  • 解説が簡潔でわかりやすく、無駄がない
  • Advise(設問を解く際の着眼点や考え方)がためになる

【悪い点】

  • センターレベルの文法知識ができていないと、解説が物足りなく感じる
  • 問題のページ構成がバラバラな印象。少なくとも難易度順ではない
  • やはり私立専願の受験生にはオーバーワークか

やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)
やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)
やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)
やっておきたい英語長文1000 (河合塾SERIES)

英語長文問題精講

英語長文問題精講 新装版
中原 道喜
旺文社
売り上げランキング: 10,588

【悪い点】

  • 出版日が2000年と古めで現在の入試傾向とずれており、設問があまり良くない
  • 難易度が少し高い。英語初級者が取り組むと挫折する
  • 設問の解説がシンプル

【私の経験に基づく感想】

センターレベルの英語が簡単に感じて、もっと難しめの長文を沢山読みたいと思って探していた時に見つけたのがこの本。同じような状況の人がいたらおすすめできます。

とにかくセンター試験で取り上げられるような糞つまらない内容と違って、知的好奇心をくすぐられるようなトピックが多い。英語力を磨くかたわら、教養も同時に養うことができます。

これを買おうか迷っていた時、かなり難易度が高いというレビューをアマゾンで見かけて少しびびっていたけれど、実際読んでみるとそこまでではありませんでした。ただ、要所要所に難しい構文 (形式主語の強調構文や倒置など)がちりばめられていて、その点は確かに難しかったといえるかもしれません。

よく言われているように設問は確かに現在の入試とずれている部分があってあんまり解く必要が無いかもしれません。例えば現在の入試では、文中に出てくる単語の発音や文法事項を聞いてくることはあまりないと思うんだけど、そういった「ずれ」が設問に見られる。実際自分も、内容一致など一部の設問を除いて、その他の設問は基本的に解きませんでした。あくまで長文のシャワーを浴びるため、量をこなすことを目的に使用した感じです。

とにかく英文の量が60もあるので面白そうなトピックだけ選んで読んでいっても面白いと思うし、何より古めの本なので古本屋とかいけばかなり安い値段で手に入るだろうからとりあえず買っとけばいいと思う。

ただし、センターで7,8割取れていないような人は手をつけないように。この本読む前に文法や語彙などの基礎を固めるのが先です。

英作文

[自由英作文編]英作文のトレーニング

[自由英作文編]英作文のトレーニング
成田あゆみ 日比野克哉
Z会 (2004-09-01)
売り上げランキング: 1,540
スポンサーリンク
スポンサードリンク
PC左のアドセンスコード
PC右のアドセンスコード